話題の血液クレンジングって何?その効果とは!?

血液クレンジングとは?

血液クレンジングを知っていますか?最近はテレビや芸能人のブログなどで話題となることも増え、見聞きしたことのある人も多いかもしれませんね。血液クレンジングは自家血オゾン療法とも呼ばれ、体内から取り出した血液にオゾンガスを混ぜ合わせ、オゾン化した血液を再び点滴で体内へと戻す治療法です。ドイツをはじめヨーロッパでは広く知られている歴史のある治療法で、HIVやウイルス性肝炎の治療としても取り入れられています。

どんな症状に効果があるの?

血液クレンジングの適応疾患は、アトピー性皮膚炎や慢性関節リウマチなどの自己免疫疾患、糖尿病、パーキンソン病、ガンなど多岐にわたります。また、病気とまではいかなくても、未病と言われる状態を抱える人が多い現代。免疫力が上がることにより風邪をひきにくくなったり、冷え性やむくみなどの改善、あるいはアンチエイジングとしての効果も期待できます。効果を実感するまでには、疾患の種類や個人差などもありますが、多くの人が1回目からポカポカと身体が温まるのを感じるようです。

料金はどのくらい?誰でも受けられるの?

一部の国では保険適用となっている血液クレンジングですが、現在、日本では保険適用外となっています。そのため全額自己負担となり、病院によって料金に差がありますが、平均的には1回15000円~20000円程度が多いようです。長期的に続けるには、まだまだ負担が大きい治療と言えますね。また、甲状腺機能亢進症やG6PD欠損症などがある場合には血液クレンジングを受けることができないため、事前にしっかりとカウンセリングを受けることが大切です。

血液クレンジングの効果として、身体の酵素化や血液流動性の改善による末梢循環の改善又は免疫機能の向上などが有ります。