キレイな顔を保つために!ニキビ跡の直し方を紹介

そもそもニキビって何?その秘密を探る

お肌の美容にとって大敵とも言えるニキビ。特に顔の部分に跡として残ってしまうニキビは、一刻も早く治療を施したい部分となります。そもそもニキビとは、肌にできる炎症、傷、色素沈着によるシミの状態のことを指します。同じ場所にニキビができると、次第に皮膚深部の組織を壊してダメージが深くなり、結果的に跡として残ってしまうのです。具体的には赤みが残ったり、シミとなったり、クレーター状になったりしますが、このニキビ跡はどうやったら防ぐことができるのでしょうか、以下に考えていきましょう。

ニキビ跡はセルフケアでも直せるかを検証

ニキビ跡は、薬品を使用するなどのセルフケアで直せる場合があります。赤みやシミが残るタイプのニキビ跡に関しては、洗顔を通してケアをします。洗顔料で顔を洗い、ビタミンC配合の化粧水や美容液を使用することで、効果的にニキビ跡を消せる場合があるのです。一方、クレーター状になっているニキビ跡の場合は、セルフケアではかなりの時間がかかり困難な場合が多いので、美容皮膚科などで治療を行う方が効果的と言えるでしょう。

普段の生活を見直すこともニキビ跡の治療につながる!

セルフケア以外にも、普段の生活習慣を見直すことでニキビ跡の治療につながる場合もあります。乱れた生活習慣は肌荒れにもつながるからです。規則正しい生活を繰り返すことで、肌の表皮の健全な新陳代謝につながり、その結果ニキビ跡が消えることもあるのです。具体的にはしっかり睡眠をとり、適度な運動をし、新陳代謝を活発にする栄養素である、タンパク質やビタミン類を多く含む食品をしっかり食べるのが大切です。外出時には、日焼けをしないよう紫外線対策をする必要もあります。

なかなか消えてくれないのがニキビ跡です。肌が凹んでしまったり赤みが酷い場合は美白効果の高い化粧品を使うと効果的です。